Fusion360 スケッチ完全拘束の表示設定

6月20日にアップデートされて加わったスケッチ完全拘束の表示設定について説明いたします。

今回のアップデートによってスケッチのラインは青色に表示され少し見やすくなりました。
詳細はAutodeskのコミュニティページより。

しかも、だた見やすくなっただけでなく完全拘束したラインや点などは黒に表示されるよう設定できるようになりました。

1.まず完全拘束を可視化する設定方法は、右上にある「基本設定」を選択し

2.「プレビュー」を選択し、「スケッチ」にチェックを入れ、「適応」→「OK」を選択

 

設定後スケッチを作成すると、なにも拘束してないと青色で表示され、完全に拘束すると黒色で表示されます。

はっきりした色で表示さている訳ではないので少しわかりづらいですが。。

06-005

 

スケッチで描かれたものが全て拘束されるとピンのマークが表示され、寸法拘束や幾何拘束を編集しない限りスケッチのラインは固定された状態になっていることがわかります。

完全拘束してないと編集する際にスケッチがずれたことに気づかいない場合があるので、余裕があればなるべく拘束することをお勧めします。

Pocket

Posted on: 2015年6月29日, by : Kuniaki Sento